人を知る

山下香織

建築設計Architecture Design

山下香織YAMASHITA KAORI

2010年入社

山下香織

役立つモノを生み出している喜びがあるから

はじめて任された仕事は、小さい倉庫の設計でした。これまで図面を書いたことはありませんでしたが、上司の指導を受けながら、仕上げました。それが実際に完成して、使われているのを見たとき、とても嬉しかったですね。「誰かのためになるものをこの手で作っているんだ」、とやりがいを感じました。 それにしても膨大な知識が必要とされる仕事です。どこをどう調べていいのか分からず、立ち尽くしてしまうこともあります。また、考えて抜いてやっと完成したものが簡単に却下されることもしばしば。未熟さを痛感して、落ち込むこともありますが、多くの人の意見を上手くまとめることで、自分が考えていたものよりさらに良いものができたり、自分の思い通りの設計ができたりするとき、「仕事って本当に楽しい」「もっともっと成長したい!」と感じます。

夢は私だけの強みを持った技術者(スペシャリスト)

仕事とは何かを知ったのは、尊敬できる上司の存在でした。上司は、「常にお客さんの要望の上を行く、よりよいものを提案するのが自分たちの仕事だ」「強みはお客さんに満足してもらえる提案力だ」と、バリバリとチームをまとめていく頼もしい方です。仕事に向き合う真摯な姿勢や効率的な進め方、豊富な知識…そんな上司に私も早く追いついて、私自身の強みを身に着けたい。JCCは資格取得のための支援制度がしっかりしているので、それを利用して来年には設備設計一級建築士の資格を取りたいと思っています。
私にとって仕事は、趣味と同じぐらい夢中になれるもの。女性の多い職場ですし、将来、結婚や出産をしても、ずっとここで仕事を続けたいと思っています。

私の仕事ダイアリー

研修期間(6か月)→建築事業部に配属 実施設計を担当(2年間)→基本設計を担当(2年間)

建築設計の仕事

山下香織

私は現在、駅の基本設計業務に取り組んでいます。基本設計は、工事をするための図面(実施設計)の前段階にあたるもので、他部署と連携しながら、基本的なプランニングからそれに関わる法規関係のチェックなどを行っています。この仕事は、プロジェクトの立ち上げから完成まで、関わる人がとても多く、常に調整が必要になります。期日が限られている中で、求められる機能・要求をすべて満たすこと、より効率的で使いやすい施設にしていくこと…いろんなことに目を向けて、設計の大枠を決めていきます。

学生のみなさんへ

自分をとことん見つめ直してみて

就職活動中は不安も焦りもたくさんあるかと思いますが、自分のやりたいことを真剣に考えるよい期間だと思います。自分のペースで頑張ってください。

就職前にコレ必要

山下香織

実物に触れて感性を磨こう

「(設計者が)何を考えて建物を作っているか」を考えながら、多くの建物に触れ、感性を養うことが大事。身体でつかんだ空間の感覚は、そのまま設計に生かされます。