人を知る

新美俊介

機械設備設計Machinery and Equipment Design

新美俊介NIIMI SHUNSUKE

2011年入社

新美俊介

他社への出向で大きく成長できた

JCCでは、機械系の若手社員は、入社2、3年目に大手の施工会社や設計事務所へ出向し武者修行をしています。私も施工会社へ出向し、18,000㎡もの大きな建物の空調設備の図面を描いたり、現場監督を行ったり、非常にハードでやりがいのある仕事を経験してきました。空調の方式を現場レベルで身体に叩き込んできたおかげで、以前より自分が大きく成長したことを感じます。出向先との繋がりができたので、施工で困ったところを相談することもありますし、この経験は私にとって今後も宝になると思います。

プライベート時間も大事にする会社

出向して他の会社に身を置いたことで、つくづくJCCは社員にとって恵まれた会社だと感じます。施工会社では、残業が多く、休みの日は疲れ果ててまる一日寝ていることもありました。仕事でのやりがいや成長を感じ、楽しくもありましたが、正直身体はキツかったですね。今は忙しい時を除き、土日はきちんと休めます。家庭を持つと、その良さがもっと実感できるでしょうね。実際、JCCにはママ社員やイクメン社員がとても多いですよ。

私の仕事ダイアリー

研修期間→設備事業部に配属 設計を行う(1年)→工事設計を行う(1年)→施工会社に出向(1年半)→機械技術課へ

機械設備設計の仕事

新美俊介

現在私は、岐阜駅の空調設備の取替工事を担当しています。年々夏が暑くなってきていることへの空調対策や劣化する設備の取り替えなど、取り組む課題はいくつもありますが、それぞれの課題について、現場調査の実施や熱負荷計算書、機器の選定を行い、設計図を作成していくのが、設備の仕事です。設計が終わっても終了ではなく、竣工まで工程や安全、品質管理等の施工監理まで行います。設計もしますが、現場にもよく出る部署ですね。

学生のみなさんへ

教育支援制度が整っているから安心

インフラ業界、設備・空調設計に興味を持っている方はぜひJCCへ!新入社員研修はもちろん、資格取得のための教育支援制度などステップアップできる体制が整っています。私は、この教育制度を使って、休日は資格の勉強をしたり、趣味のサーフィンに行ったりと、充実した日々を過ごせています。ぜひあなたもJCCの仲間となり、一緒に頑張りましょう。

入社後エピソード

新美俊介

空調オタクに一直線!?

つい空調を見てしまうクセがつきました。特に意識しなくても、建物や駅に行くと、空調設備や通気口をチェックしてしまいますね。