人を知る

永田航気

建築ファシリティマネジメントFacility Management

永田航気NAGATA KOUKI

2013年入社

永田航気

実社会は理屈じゃないことの連続

大学院で学んできたので、ある程度の知識には自信を持っていました。技術と知識があれば、何とかなるだろう…そう思っていた私は、それが実際の社会では全然通用しないということを思い知らされました。提案をリアルに伝える話術も必要ですし、お客様との信頼関係を築くことも大切です。今度もうまくいかないのではないか、と不安になった時、親分肌の上司が「俺が言っていたと言っておけばいい」と言ってくれて、勇気をもらったことを覚えています。上司や先輩は、常に後ろで見守ってくれる存在。教えてくれる時もすべては言わず、方向性を示してくれます。何ごとも丁寧で優しく、頼りがいのある先輩方のように、私も早くなりたいと思っています。

個人をバックアップしてくれる制度がいっぱい

会社の魅力は、まず、福利厚生が充実していること。そして、新しい取組についての発言が積極的にできる「提案制度」があること。JR東海や鉄道総研、設計事務所などへの「出向制度」、資格取得のための「教育支援制度」等の制度があり、個人をバックアップしてくれる環境が整っていることです。仕事はやりがいがあり、充実感があります。このような会社の制度があることで、どんな時でも業務にも集中することができるのだと思います。まだ1年目、これからもっと成長できるよう頑張っていきます!

私の仕事ダイアリー

研修期間→東京設備部に配属 維持管理を行う→設計管理を担当

建築ファシリティ
マネジメントの仕事

永田航気

私は今、東海道新幹線(東京~熱海間)にある建物の設計や工事監理の業務を行っています。私の担当は、新幹線に電気を供給している変電所の屋根を防水仕様に改修するための工事。現地調査や調整業務、図面の作成、工事監理まですべてを行います。日本の大動脈である東海道新幹線の事業に関わっているという自負や私たちが生み出してきたものを多くの人に使ってもらっているという喜びが私のやりがい。「ありがとう」と言われると、とても嬉しいです。

学生のみなさんへ

やりたい仕事は自分の心の中にある

社会の流れに合わせるのではなく、純粋に「自分が取り組んでみたい仕事は何か」を考えて動くことが、よい出会いを生むのではないかと思います。弊社は、公共建築や、特殊な技術に興味のある人にはとても魅力的だと思います。

向いているのはこんな人

永田航気

建築が好きで物怖じしない人

やっぱり「建築が好きな人」。24時間考えているような仕事なので…。そして当然「駅が好きな人」。あとは「人が好きな人」。私は話すのが苦手だったのでちょっと苦労したんです。これは慣れれば何とかなるものですが、あればなおイイですよね。