人を知る

加藤真吾

健全度調査・技術開発Examining Soundness/R&D

加藤真吾KATO SHINGO

2010年入社

加藤真吾

楽しい思い出がいっぱいの新入社員研修

大学では地質・地盤研究室に所属しており、地盤防災を学んでいました。その知識を活かして、建設コンサルタント会社への就職を考えていたところ、JCCを知りました。地元であったことやJR東海グループという安定性、安全に運行し続ける鉄道輸送への興味から、ぜひ入社したいと思いました。新入社員研修では、全事業部の業務内容から鉄道に関する基礎知識まで幅広く学ぶことができ、自分のやりたいことが具体的に描けました。研修では同期との絆も深まり、研修で学んだことを活かし、同期と切磋琢磨し頑張っています。

安全第一の現場作業

調査事業部という部署は、現場が好きな私にとって、とてもやりがいを感じる職場です。関係部署と密に連絡を取り合い、綿密に計画を進め、現場調査を滞りなく行うことができた時の達成感や満足感は、言葉にならないほど。また、現場調査は新幹線の線路近接箇所などで行うことも多いので、安全管理が徹底されています。ルールを守って安全に現場作業を完遂することが重要!現場の基本は安全第一!!

私の仕事ダイアリー

研修期間→技術開発部に配属(2年間)→計画課(2年間)→調査技術部

健全度調査・
技術開発の仕事

加藤真吾

私が取り組んでいるのは、新幹線のトンネル設備点検や橋りょう調査など新幹線構造物の維持管理における調査・点検業務。業務内容が多岐にわたるので覚えることが多いですが、先輩のサポートを受けながら経験を積み、技術力を身につけて、重要な仕事を任されるようになりたいと思っています。
新幹線が日々安全に運行されているのは、私たちが行っている小さな業務の積み重ね。それは、私のやりがいですし、今後も安全のために頑張っていきたいと思っています。

学生のみなさんへ

出会うことすべてが経験になる

同じ会社の中でも事業内容によっては、いろんな業種が経験できたりします。ひとつの職種に絞らず、様々な職種に目を向けてみるのもいいと思います。仕事って楽しいですよ。

入社後エピソード

加藤真吾

身体を動かしてリフレッシュ!

ボーリング部(副部長)とフットサル部に所属しています。時には先輩や上司とゴルフに行くことも。もちろん仕事の立場は忘れて、真剣勝負。