06

Award

土木学会技術賞 受賞、グッドデザイン賞 受賞

東海道新幹線 品川駅

東海道新幹線 品川駅

SHINAGAWA STATION,TOKAIDO SHINKANSEN

土木建築設計

所在地 東京都港区
供用開始 平成15年10月
当社業務 鉄道土木設計、建築設計
受賞
  • 土木学会技術賞
  • グッドデザイン賞

街や人の流れを変えるサブターミナル駅の開発

東海道新幹線品川駅は、東海道新幹線の輸送力の増強、ダイヤの安定性・弾力性の確保、東京駅のサブターミナル機能確保、旅客の利便性の向上を図ることを目的として計画されました。
東京駅~新横浜駅に設置された品川駅は、平成15年10月1日に開業し、東海道新幹線の駅としては最も新しい駅です。地平部に新設された駅ホームは、全長410mの島式2面4線のホームでS字状に緩くカーブしています。さらに駅の北側には、新幹線を留置するための線路が3本あり、列車の折り返しが可能な線路形状を有しています。
また、駅ホーム上部に位置する駅舎や自由通路、地上7階建てのオフィス棟が連なる建築物の設計を当社が担当しました。東京地区の新たな南の玄関口としてふさわしく、また全てのお客様に安心して円滑にご利用いただける「人にやさしい駅」を目指しました。自由通路は高さ30mの吹抜け空間とし、清潔感のある明るく開放的な空間を提供することで品川駅周辺地区の街づくりにも貢献できるよう計画しました。また、大きな文字で分かりやすい案内サイン、駅全体のバリアフリー化、旅客案内設備の充実、ホーム柵の設置等快適にご利用いただけるよう計画しました。