健全度調査/技術開発土木

構造物等の健全性を確保

鉄道の安全・安定輸送の根幹である既設構造物のメンテナンスも当社の重要な業務の柱となっています。橋梁、トンネルをはじめとする土木構造物の現況調査、試験、計測などはもちろんのこと、データ分析・解析、総合評価にいたる幅広い分野で土木構造物の健全度調査を実施し、望ましいメンテナンスのあり方や土木構造物の補修・補強対策を提案しています。
 また、鉄道事業が次世代に向けて発展するには、新たな技術開発が重要となります。JR東海が行うさまざまな技術開発に取り組んでいます。

健全度調査/技術開発

写真提供:JR東海 Central Japan Railway Company. All rights reserved.

健全度調査

土木構造物の耐力や劣化の調査を行い、土木構造物の補修・補強対策を提案します。また、航空写真などから地形図を作成・分析し、鉄道施設の防災資料を作成しています。

  • 構造物健全度調査
  • 高架構造物耐震評価
  • 斜面・渓流調査
  • 橋脚・橋台洗掘調査
  • トンネル覆工測定
  • 構造物計測管理
  • 地すべり地形継続監視
  • 騒音・振動測定
  • IT技術を駆使した各種台帳作成
  • 3次元レーザスキャナを⽤いた橋梁の根固めブロック計測  など
  ※東海旅客鉄道㈱、国際航業㈱と共同で特許出願済み
  詳細は、こちら(JR東海HP)をご確認ください。

技術開発

鉄道事業に携わった技術者のノウハウを生かし、JR東海が行う次世代を担う鉄道輸送サービスのための技術開発に取り組んでいます。

  • 中央新幹線構造物の技術開発支援
  • 土木構造物の補強技術・維持管理技術の開発